カット,パーマ,カラー,トリートメント

パーマの薬剤

パーマの薬剤

パーマ薬剤の種類

パーマの薬剤記事一覧

パーマの種類

パーマ液に種類があるのを皆さんご存知ですか?一概にパーマ液と言っても、性質は多種多様です。例えば同じ髪質の人が薬だけを変えて同じスタイルのパーマをしたとします。すると、パーマのかかりの強さ、質感、ダメージ、仕上がり…などなど、使用したパーマ液によって全然違うんです!ここでは、そんなパーマ液の種類をご...

≫続きを読む

 

グリセリンモノチオグリコレート

『グリセリンモノチオグリコレート』というのをご存知でしょうか?グリセリンモノチオグリコレート…略して『GMT』。実はかなり前からあるパーマ液です。しかし、あまりにもマイナーすぎて、ほとんど知られていません。いくつかの会社が商品化しているそうですが、それすら知らない美容師さんも多いです。私もそのひとり...

≫続きを読む

 

サルファイト

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『サルファイト』について、もう少し詳しく説明したいと思います。◎サルファイトとは?化粧品認可のパーマ液です。アルカリ性ですが、他のアルカリ性のパーマ液に比べて髪の毛への作用が穏やか(*´▽`*)髪の毛のダメージもとても少なくてブリーチした髪の毛にもパーマをかけるこ...

≫続きを読む

 

チオグリセリン

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『チオグリセリン』について、もう少し詳しく説明したいと思います。◎チオグリセリンとは?近年、化粧品規制緩和で日本でも使えるようになった中性で働くパーマ剤です。欧米では使われていたようですが…医学部外品のパーマ剤には配合することは認められていません。◎チオグリセリン...

≫続きを読む

 

チオグリコール酸

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『チオグリコール酸』について、もう少し詳しく説明したいと思います。◎チオグリコール酸とは?パーマ液といえばこれ!っというぐらい、昔から使われている一般的なパーマ液です。ただし、チオグリコール酸とアンモニア水を中和して“チオグリコール酸アンモニウム”として使われてい...

≫続きを読む

 

システイン

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『システイン』について、もう少し詳しく説明したいと思います。◎システインとは?アミノ酸の1つで、赤唐辛子・タマネギ・ブロッコリー・ニンニク・芽キャベツ・小麦胚芽などなど…身近な食品に含まれている物質です。酸性だと安定ですが、中性・アルカリ性では少しの重金属イオンに...

≫続きを読む

 

スピエラ

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『スピエラ』について、もう少し詳しく説明したいと思います。◎スピエラとは?パーマ業界で久しぶりに誕生した新しいパーマ液です。一般的なパーマ液は少なからずアルカリが入っているので、薬剤はもちろんアルカリ性になるんですが…このスピエラは酸性です!今までのパーマ液と違っ...

≫続きを読む

 

システアミンの説明

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『システアミン』について、もう少し詳しく説明したいと思います。◎システアミンとは?システインの分解生成物です。パーマに使う薬剤の中で、化粧品分類にされています。チオグリコール酸やシステインに比べて、PHが酸性〜中性域でもパワーを発揮します。そのため髪の毛のダメージ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
奈良市美容室インプレッション MENU(メニュー) STAFF (スタッフ) お客様のヘアスタイル