パーマ,カラー,トリートメント

パーマの種類

パーマの種類

パーマ液に種類があるのを皆さんご存知ですか?

 

一概にパーマ液と言っても、性質は多種多様です。

 

例えば同じ髪質の人が薬だけを変えて同じスタイルのパーマをしたとします。

 

すると、パーマのかかりの強さ、質感、ダメージ、仕上がり…などなど、

 

使用したパーマ液によって全然違うんです!

 

 

ここでは、そんなパーマ液の種類をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

チオグリコール酸
昔から使われているパーマ液です。
髪の毛の中に浸透しやすいので丈夫で>硬くてかかりづらい髪にもウェーブがだせます。
が、強い薬なのでその分ダメージも受けます。

 

 

 

 

システイン
アミノ酸の一種で、実は髪の毛の中にも含まれています。
ダメージを受けている弱い髪の毛には浸透しやすいですが、硬い髪の毛には浸透しにくくかかりが弱いです。

 

 

 

 

システアミン
髪の毛に馴染みやすいので、少しの量でも効果が高いです。
髪の毛に与えるダメージがほとんどなくカールをだすことができます。

 

 

 

 

 

サルファイト
ダメージが少なくと、安全性が高いということで化粧品に分類されています。
しかし…熱を利用したり他の還元剤と一緒に使わないとかかりが弱いです。

 

 

 

 

 

◎>スピエラ
新しく開発されたパーマ液です。
酸性でダメージも少なく、仕上がりはとても良いです。
手触りや艶も最高!
その反面、臭いがとてもきついです…

 

 

 

 

 

チオグリセリン
グリセリンと似ているので、しっとりした質感になります。
パーマのかかりも他のパーマ液と比べるとわりあい高いです。

 

 

 

 

 

以上、ざっくりとではありますが、パーマ液の数々を紹介しました。

 

お気づきかと思いますが、パーマ液はどれをとっても一長一短です。

 

まるで人間のようですね(´д`)

 

メリットもあればデメリットもあるので、どれが一番いいか悪いかは一概には言えません…

 

しかしインプレッションでは、その数々のパーマ液の中であなたの髪の“強さ・質感・ダメージの度合い”などを考え、
“あなたの髪に一番合ったパーマ液”を選んで施術いたしておりますので、

 

 

安心してお任せくださいませ*^^*

 


パーマの種類関連ページ

グリセリンモノチオグリコレート
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
サルファイト
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
チオグリセリン
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
チオグリコール酸
パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
システイン
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
スピエラ
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
システアミンの説明
パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ
奈良市美容室インプレッション MENU(メニュー) STAFF (スタッフ) お客様のヘアスタイル