カット,パーマ,カラー,トリートメント

システアミンの説明

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『システアミン』について、もう少し詳しく説明したいと思います。

 

 

◎システアミンとは?

 

システインの分解生成物です。
パーマに使う薬剤の中で、化粧品分類にされています。

 

チオグリコール酸やシステインに比べて、PHが酸性〜中性域でもパワーを発揮します。
そのため髪の毛のダメージの原因になるアルカリをあまり必要としません!

 

髪の毛に負担をかけずにパーマをかけられます(*≧∀≦*)

 

 

 

◎システインのメリット

 

上記で述べたように、他のパーマ液に比べて髪の毛にあまり負担をかけずにパーマができる、ということです。

 

その理由は…

 

システアミンの分子量が77とめちゃくちゃ小さくて、髪の毛に浸透しやすいからです。

 

弾力があって柔らかく仕上がります。
そんな質感が好きな人にはオススメです★

 

カラーの色落ちが非常に少なく、8トーン以上の明るさではほぼ落ちません。
カラーや他のメニューと同じ日にできるので時間がなく忙しい人にもオススメです!

 

 

 

 

◎システアミンのデメリット

 

やはりパーマなので…
全くダメージがない!ということはありません…

 

そしてなにより、独特の刺激臭があります。
仕上がりの質感は、他に代えがたいレベルなだけに残念…

 

パーマの当たりやすさ(システアミン濃度)とこの残臭の強さは比例してしまうのがまた厄介^^;

 

ただ臭いは時間が経つにつれてなくなるのでご安心くださいませ!

 

システアミンの説明関連ページ

パーマの種類
パーマメニュー紹介
グリセリンモノチオグリコレート
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
サルファイト
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
チオグリセリン
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
チオグリコール酸
パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
システイン
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
スピエラ
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ
奈良市美容室インプレッション MENU(メニュー) STAFF (スタッフ) お客様のヘアスタイル