カット,パーマ,カラー,トリートメント

チオグリセリン

チオグリセリン

カット,パーマ,カラー,トリートメント

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『チオグリセリン』について、もう少し詳しく説明したいと思います。

 

 

◎チオグリセリンとは?

 

近年、化粧品規制緩和で日本でも使えるようになった中性で働くパーマ剤です。
欧米では使われていたようですが…

 

医学部外品のパーマ剤には配合することは認められていません。

 

 

 

◎チオグリセリンのメリット

 

スピエラとほぼ同じ働きをすると思っていいでしょう。

 

ただ決定的に違うのが…

 

臭いです!笑

 

不思議な話ですが、臭くないんです。

 

これは嬉しい(*^∀^*)

 

チオグリセリンは、グリセリンとよく似ている構造をしています。

 

グリセリンといえば、化粧品でよく保湿剤として使われているものです。

 

髪の毛に負担をかけずに、グリセリンの保湿効果のおかげで手触りのいい柔らかいパーマがかかるのです!

 

 

あの強烈な刺激臭がないだけでもありがたいのに、他のパーマ剤よりも均一なカールがでやすいと美容師の間でもなかなか評判^^

 

 

そしてヘナをした髪の毛にもしっかりパーマがかかるそうです。

 

 

これは嬉しい…
嬉しすぎます(*^ω^*)

 

 

 

 

◎チオグリセリンのデメリット

 

…ないです。笑

 

というよりマイナーなパーマ液であまり情報がなく^^;

 

近いパーマ液であるスピエラと比較すると…

 

スピエラの方が浸透性とパーマのかかりの強さはあります。
そしてチオグリセリンはスピエラより時間がかかってしまうかも…ぐらいでしょうか。

 

粗を探して挙げたことなので、こんなのデメリットのうちに入らないと私は思うのですがね…

 


チオグリセリン関連ページ

パーマの種類
パーマメニュー紹介
グリセリンモノチオグリコレート
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
サルファイト
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
チオグリコール酸
パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
システイン
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
スピエラ
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
システアミンの説明
パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ
奈良市美容室インプレッション MENU(メニュー) STAFF (スタッフ) お客様のヘアスタイル