カット,パーマ,カラー,トリートメント

サルファイト

サルファイト

カット,パーマ,カラー,トリートメント

ここでは『パーマ液の種類』で紹介した『サルファイト』について、もう少し詳しく説明したいと思います。

 

 

◎サルファイトとは?

 

化粧品認可のパーマ液です。
アルカリ性ですが、他のアルカリ性のパーマ液に比べて髪の毛への作用が穏やか(*´▽`*)

 

髪の毛のダメージもとても少なくてブリーチした髪の毛にもパーマをかけることができます。

 

 

 

◎サルファイトのメリット

 

チオ系の元であるチオール基を含まないので、あのパーマ独特の刺激臭がありません。

 

パーマ中もパーマ後も臭いが少ないなんて…
お客さまにとっても美容師にとっても嬉しいですね*^^*

 

そしてシス系よりも、さらに柔らかくて手触りがいい質感に仕上がります。

 

カラー毛に使っても色抜けが少なく、ブリーチ髪でも大丈夫!
つまりハイダメージの髪の毛にも使える優しい成分のパーマ液ですd(●'u^*●)

 

 

 

◎サルファイトのデメリット

 

艶、手触りが最高にいいサルファイトですが、なぜだかわかりますか?

 

それはサルファイトが『ブンテ塩』という結晶を形成するからです。

 

昔サルファイトは高級毛皮コートのつや出しに使われていました。
毛皮の表面に皮膜として結晶が艶をだすんですね。

 

髪の毛にも艶、毛皮にも艶。
サルファイトいい仕事してますね(*´▽`*)

 

 

 

…しかしちょっと待ってください。

 

 

 

 

高級毛皮のコートの艶って、そうそう取れませんよね?

 

 

なんせ高級なんですから、ちょっとやそっとじゃボロくなりません。

 

 

表面の艶をだす結晶は、たいがい取れないんです。

 

 

毛皮の高級コートならいいです。

 

 

それと同じことが髪の毛でも起こってるんです…!

 

 

 

これではアルカリが髪の毛に残ってしまい、2液の浸透も悪い…という問題か発生してしまいます。

 

 

 

だからなのか、昔のサルファイトは2液がなかったという話を聞いたことがあります。

 

 

 

浸透しないなら、なくてもいいのでは?という考えだったのでしょうか…

 

 

 

それから純粋なサルファイトはアルカリが高いんです。

 

 

パーマ液の強さ=アルカリ濃度=ダメージの強さ

 

 

ということをチオグリコール酸のページで説明しましたが…

 

 

サルファイトは還元力が弱いというのはいいですが、PHがアルカリすぎる…

 

 

優しいのか優しくないのかわかりませんな(-◇-;)

 

 

 

熱を利用したり他の還元剤と一緒に使わないとかかりが弱いという欠点もあるので、

 

 

他の還元剤を併用したり、温を与えたり、パーマがかからないことで長時間おくと、けっきょく髪のダメージが強くなります。

 

なんだかデメリットばかり多くなってしまいましたが。笑

 

しかしながら…

 

艶と手触りは抜群なので、今でもパーマ液に使うメーカーさんもあるそうです。


サルファイト関連ページ

パーマの種類
パーマメニュー紹介
グリセリンモノチオグリコレート
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
チオグリセリン
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
チオグリコール酸
パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
システイン
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
スピエラ
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
システアミンの説明
パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ
奈良市美容室インプレッション MENU(メニュー) STAFF (スタッフ) お客様のヘアスタイル