カット,パーマ,カラー,トリートメント

ダブルカラー

ダブルカラー

透明感のある明るいトーンを出したい時や、

 

色味をしっかり出したい時に、

 

ブリーチなどで1回脱色してから、もう1度色味を足す。

 

といったものを、ダブルカラーと言います。

 

 

実は、一般的なカラー剤でできる明るさには制限があります!

 

 

カラーで出せる明るさには、限界があるんですよね…

 

なので、それ以上の明るさを出すなら、ブリーチなどを使用し、

 

髪色のトーン(明るさ)をあげるんです。

 

 

では…

 

なぜブリーチをすると色味が鮮やかに出せるのてしょうか?

 

 

髪の毛を脱色すると、髪の毛にもともとあるメラニン色素が漂白されて、

 

ブリーチをするほどに白い毛に近づいて行きます。

 

 

日本人の髪の毛は一見すると黒に見えますが、実際には茶色が濃くなって黒く見える色で、

 

その濃い髪色を脱色することにより、色が変化していきます!

 

 

例:濃い茶⇒茶色⇒赤茶色⇒オレンジ⇒黄色⇒白

 

 

1回のブリーチでどこまで明るくなるのかは、その人の髪質やブリーチ剤の強さによって異なりますが、

 

髪が細くて柔らかい人であれば1回で黄色くなり、

 

髪が太くて硬い人なら1回で赤茶色ぐらいまでの変化があります。

 

 

どこまで明るくしたいかによって、ブリーチする回数を調整します!

 

 

先程も説明しましたが、ブリーチ無しで、

 

全体染めだと明るさの限界があります(-_-)

 

鮮やかな色味、となると難しいかもしれません。

 

 

もちろん全体染めでも、たくさんの色味の種類があるので、キレイに染まりますが、

 

より鮮やかさを求める場合は、ヘアカラーの全体染めでは物足りないないかもですね…

 

 

そのため、髪にハッキリとした色を表現するためには、

 

 

『一度、髪の毛のメラニン色素を脱色して、その後に再びヘアカラーで色素を入れる』 

 

 

ということを行う必要があります。

 

これを美容室ではダブルカラーと言います。

 

 

なりたい髪色がどんなものなのか、自分自身の希望をネットで探したり、切り抜きを見つけておくと伝わりやすいと思います(^ν^)

 

 

ただ、簡単にブリーチといいますが、

 

やはり、髪の毛と頭皮には、カラーと違ってかなり負担がかかってしまうので、

 

その辺りも頭に置いておいて下さい!

 

ダブルカラー関連ページ

カラーメニュー
カラー、パーマ、トリートメント詳しいメニュー紹介
ホイルカラー
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
リタッチ(根元染め)
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
ヘアカラー毛先まで全体染め
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介
ヘアマニキュア
カット、パーマ、カラー、トリートメント詳しいメニュー紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ
奈良市美容室インプレッション MENU(メニュー) STAFF (スタッフ) お客様のヘアスタイル